〒738-0011 広島市廿日市市駅前11-3 TEL:0829-32-1135
〒738-0011 広島県廿日市市駅前11-3

アレルギー科

当院で受けられる検査

求人情報

HOME»  アレルギー科

アレルギー科

当院の院長は日本アレルギー学会 アレルギー専門医です。
アレルギーによる長引く咳、花粉症などを主に診ております。

気管支喘息

気管支喘息は、気道の慢性炎症に基づく気道過敏性の亢進と、発作性で可逆性の咳、喘鳴、呼吸困難を特徴とする疾患です。
急に息ができなくなり、気道が収縮して気管や気管支が詰まり、呼吸の度にのどがゼーゼー、ヒューヒューと鳴るようになります。こうした喘息発作は自然にあるいは薬の吸入などで治まり、症状がない時はふつうに生活できます。
原因は完全に解明されておりませんが、体質的に喘息の起きやすい人がいて、そこになんらかの条件が加わると発症するとされています。
その条件とは、ウイルスや細菌の感染、自律神経の失調やストレスなどで、これらが引き金となって発作を起こすといわれています。発作の原因としては主なものはアレルゲンで、アレルゲンには非常に多くの種類があります。
その他の原因として、季節の変わり目、気温の変化などによって喘息発作が誘発されます。食べ過ぎや過労、激しい運動、女性では月経や妊娠なども喘息の誘因となります。

長引く咳

咳が2週間以上続く場合、風邪だけでなく、気管支喘息、咳喘息などアレルギー性疾患を疑う 必要があります。 咳が出だすと長く続く、話すと咳き込む、走ると咳が出る、家や布団に入ると咳が出る、アル コールを飲むと咳が続くなどの症状がある場合、気道が過敏状態での、咳喘息や気管支喘息が 疑われます。聴診や胸部レントゲン、肺機能検査、血液検査などでアレルギーの検査を実施し ます。検査結果により、咳喘息や気管支喘息の診断が決まります。咳喘息は咳のみが主な症状 であるのに対し、気管支喘息では、ゼーゼー・ヒューヒューと喘鳴を生じます。

花粉症

スギ花粉による花粉症は日本人の約四割が抱える国民病です。 スギ花粉にアレルギーのある方は、ヒノキ花粉などの他の植物のアレルギーがある頻度が高い ことも知られております。初夏はカモガヤ、秋はヨモギやブタクサなど1年中花粉症で悩む患 者様も増えています。 代表的なスギ花粉症に対しては、スギのエキスを舌の裏に投与して、免疫を作っていく、舌下 免疫療法が保険適応となりました。(長期処方も可) 春だけでなく、年間を通して、3~5年の長期治療が必要ですが、完治率は20%程度と低いです 。しかし、多くの患者様は、花粉症の症状が和らいでおります。花粉症の時期だけ抗アレルギ ー薬で治療を短期的に受けるか、舌下免疫療法で根本的な改善を目指すかの違いになります。 花粉症の症状のひどい方、スギ花粉の花粉症の患者様は是非お試しください。

PAGE TOP